百貨店・量販店様向け

リードタイム短縮と品質の大幅な向上を実現させます。

JPロジサービスは、百貨店・量販店様の物流業務を包括的に受託し、最適な提案を行うことで一連の百貨店・量販店物流における効率化を実現いたします。これにより、サービス水準の向上を図りながらトータルでの物流コストを低減し、百貨店・量販店様に販売機会の拡大を提供いたします。

過去の提案実績

[導入の背景:大手百貨店様]将来への成長戦略として物流を外部委託し、コストダウンしたい…。

C百貨店様はもともと、外部の物流会社D社に業務を委託していました。ところがコストや品質などが物流業務のあるべき姿におよばず、内製化へ切り替えて業務の再構築を行っていました。

しかしながら、自社の現状や将来を見据えた際、物流コストの削減や配送業者一本化、新店の立ち上げ、売上向上、物流センターのスペース不足など、内製では対応しきれない課題が浮かび上がりました。そこで物流業務のアウトソーシング化が必要との判断にいたり、コンペを開催されました。

課題

  • 物流コストの削減
  • 配送業者を一本化したい
  • 物流センターのスペース不足

JPロジサービスからのご提案

営業部門から物流業務を分離
「販売員がすべきこと」「支援部隊が行うこと」を区分したうえで、
包装作業の効率化に向けた作業方法や作業場レイアウトを提案いたしました。
物流の一元管理
会社を選定し、物流業務を一元管理させることで、
取引先のコントロールをスムーズにしました。
WMSの導入
一連の業務を効率化するための総合管理システム(WMS)で、
デットストック商品やランニングストック商品を正常管理します。
あらゆる百貨店物流業務に対応
伝票センターや包装業務、さらに店頭作業分や外部委託作業分など、
すべての百貨店業務に対応できる体制をグループ全体で構築しました。
外部作業場の管理運営を担当
繁忙期に向けた事前説明会の開催、作業教育や改善指導など、
JPロジサービスのノウハウにより安定運営を支援しました。

獲得成果

リードタイム短縮と品質の大幅な向上を実現させました。

販売業務と物流業務が明確に棲み分けられたことにより、両者の間でのスムーズな連携が実現しました。また、物流の一元管理は納品ルールの見直しや、荷受作業など各種作業の効率化を可能に。WMSは在庫商品の管理を容易にしました。

これらにより、リードタイムの大幅な短縮が達成されました。日常的には外部作業場の定期巡回や作業日報による進捗管理体制を導入したほか、作業遅れなどの際にはJPロジサービス全体で支援を行う体制も構築。品質を飛躍的に高めることを可能にしました。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

ページの先頭へもどる