通販会社様向け

発送数の増加と、コスト・リードタイムの圧縮を実現します。

カタログの発送は期間が限られるにも関わらず、多大なスペースが必要なうえ、商品や案内状の同封など様々な封入パターンに対応する必要があります。

JPロジサービスは、協力会社との特約によるコスト削減や百貨店物流で培った丁寧かつ迅速な包装技術をもとに、通販物流会社様のビジネスを力強くサポートいたします。

過去の提案実績

[導入の背景:通販物流会社様]カタログ発送の拡充と費用・時間の節減を両立したい…。

通販事業の成長を目指すA社様にとって、カタログ発送の強化は是非とも達成すべき目標でした。

しかし、発送業務を行うスペースはすでに手狭なうえ、業務に割く時間もこれ以上増やせない状態でした。また、月に1回だけという波動の大きな物量へ柔軟に対応すべく外部の協力会社も活用していましたが、複数社へ委託していたため、やり取りは煩雑化してしまっていました。

近年のカタログは重量が増える傾向にあり、結果的に配送コストが増大するという問題も生まれていました。

課題

  • カタログ発送を拡大したい
  • 作業スペースが不足している
  • 煩雑な業務を簡素化したい
  • コストを削減したい

JPロジサービスからのご提案

リーズナブルな作業スペースを確保
協力会社の遊休スペースを活用することで、
費用を抑えながらお客様の業務に最適なスペースを提案いたしました。
物流業務を弊社で一括管理
カタログや商品発送などの物流業務を弊社で一括管理することにより、
お客様が商品の企画に専念できる環境を提案いたしました。
人員調整をアウトソーシング
物量の波動へ対応するための人員コントロールを、弊社が行いました。
これは、通期での人件費削減につながるものです。
外部への窓口を一元化
荷主様からの問い合わせはすべて弊社が承り、業務内容に応じて
弊社からそれぞれの協力会社へ作業を振り分ける仕組みを構築いたしました。
新たな費用体系と包装方法の導入
増大する配送コストに対して、特別割引料金をご提案。
包装パターンも見直すことにより、費用の削減を目指しました。

獲得成果

カタログの発送数は70%も増加。コストを抑え、リードタイムは1/5に。

十分なスペースが確保できたことにより、カタログの作成数と発送数は70%の大幅増を達成。

また作業方法の見直しにより作業時間も従来と同程度に抑えることができました。 以前は商品の入荷から出荷まで5日かかっていたのですが、物流業務や外部との窓口を一元化したことはモノと情報の流れをスムーズにし、入荷の翌日には出荷というリードタイムの短縮につながりました。

これらの成果として、全体的な配送費が約20%削減されるという効果を生み出しました。

お問い合わせ・ご相談はこちらから

ページの先頭へもどる