JPロジサービスの取り組み

人「財」育成・社員教育

JPロジサービスでは従業員を財産としてとらえ、人材を人「財」と定義しています。すべての従業員が仕事を通じて自己実現を図り、社会へ貢献できる人員となるべく、弊社では以下のような取り組みを行っております。

  • 入社時研修は1ヶ月間現場で実践的な経験を積む内容としており、配属後も1年目はOJT強化期間としてきめ細かいサポートを行います。これらは、「新入社員は全社を挙げて育成するもの」という考えに基づいた取り組みです。
  • 階層別研修や年次などによる節目研修などを実施し、ビジネススキルやヒューマンスキルの向上を支援します。
  • 社員の自発的な勉強をサポートする取り組みとして、通信教育などに際しての補助金制度を導入しています。
  • ジョブローテーション制を導入し、計画的に幅広い知識・経験を身に付けられる機会を設けることで、能力の向上や豊かな人間性の育成を支援します。

品質への取り組み

作業場やクライアント別にミスの発生率を数値化し、管理を行っております。データは毎月集計され、作業場ごとの品質を客観的に振り返る資料として活用されるほか、品質コンテストとして全社を挙げての改善活動へと活かされています。

また、ミスの発生時には品質管理担当者がすぐに作業場へ赴き、現場スタッフ全員でミスの発生原因を根本まで追究する「ボーリング」と呼ばれる会議を行います。ボーリングの結果は以降の作業改善へと活用され、再発防止体制を構築します。

安全への取り組み

年度ごとの目標とそれを達成するための計画などを定めた「運輸安全マネジメント」を策定し、全社を挙げて周知徹底・実践を行っています。また、定期的にビデオを用いた安全運転への講習会を実施しています。

弊社は全日本トラック協会が認定するGマーク認定事業所(安全優良事業所)として、乗務員の過労防止や車両の点検・整備をはじめ、法令の順守と安全性の向上に向けて積極的に取り組んでいます。

環境への取り組み

JPロジサービスは、産業界と物流業界の幅広い参加のもとで物流におけるCO2の削減を目指した、「グリーン物流パートナーシップ」の会員企業として活動しています。

地球温暖化を防止し環境を保全するために、低公害車である天然ガス車を導入し、梱包資材の削減などを荷主様との連携のもとで推進しております。

ページの先頭へもどる