[物流用語集]専門的な物流用語を徹底解説

あ

アイドリングタイム
あいどりんぐたいむ
作業と作業の合間で作業員が実際に業務を行なっていない時間のこと。待機時間。
アウトソーシング
あうとそーしんぐ
企業や行政が業務の一部、あるいは全てを、それをより得意とする外部企業に業務委託すること。
アセット
あせっと
資産
アソーティング
あそーてぃんぐ
商品を要求される単位ごとに仕分けする事

ページの先頭へもどる

い

一括物流
いかっつぶつりゅう
複数メーカーの商品を物流センターで取りまとめ一括して配送する仕組み
一般貨物
いっぱんかもつ
特別な扱い、積付けを必要としない貨物
一般貨物自動車運送事業
いっぱんかもつじどうしゃうんそうじぎょう
トラックを使用して貨物の運送を行う事業
インボイス
いんぼいす
主に輸出入を行うときに使用する、約定品の出荷案内書、物品明細書、価格計算書、代金請求書を兼ねた商用書類
イントラントデポ
いんとらんとでぽ
内陸地に設けられた保税上屋(内陸通関拠点)のこと。
ECショップ
いーしーしょっぷ
自社の商品(広義では他社の商品)やサービスをインターネット上で販売するサイト上の店舗。ECとは"electroniccommerce"(エレクトロニックコマース=電子商取引)

ページの先頭へもどる

う

ウイング車
ういんぐしゃ
商品室の側面から天井部分迄を跳ね上げて側面から積卸しをするトラック
ウェアハウジング
うぇあはうじんぐ
ウェアハウジングとは倉庫/貯蔵庫の意味だが、物流センターの意味でも使われることがある。
運行管理者
うんこうかんりしゃ
事業用自動車運行の安全を確保する為に貨物自動車運送事業法により選任する事が義務付けられているもの
運送取次事業
うんこうとりつぎじぎょう
荷主の依頼により運送事業者の行う貨物の運送の取次又は受け取りを行う事業

ページの先頭へもどる

え

エアクッション
えあくっしょん
空気圧によって衝撃を吸収させる緩衝方法、または素材のこと。空気を抜けば減量化が図れ、焼却しても有害ガスを発生しない素材を利用しているエアクッションもある。
SCM(Supply Chain Management)
えすしーえむ/サプライチェーンマネジメント
供給連鎖管理ともいい、受注・発注から資材調達、在庫管理、製造配送をから消費に至るまでの供給の流れを一つの鎖として捉え、物流システムなどを通じて総合的に管理することで業務プロセスの効率化や余剰在庫の削減、配送コストの引下げなどを行うマネジメント手法。
Fラック
えふらっく
倉庫内でハンガーを使って保管する商品を、より効率的に保管する為の2段式ハンガーの名称。
ASP(Application Service Provider)
えーえすぴー/アプリケーションサービスプロバイダ
自社で開発した業務用のアプリケーションソフトウェアをインターネットなどを通じて、複数の顧客にレンタルを行う事業者、またはサービスのこと。(類似用語としてクラウドコンピューティングなどがあげられる)
ABC分析
えーびーしーぶんせき
在庫管理の手法。多品目の商品管理を効率よく行えるように使用・需要頻度によって三分類(A・B・Cグループ)にわけ、作業の効率、発注頻度の管理などを行いやすくする。

ページの先頭へもどる

お

オーダー エントリー システム
おーだーえんとりーしすてむ
オーダーエントリーシステムとは、顧客からの発注情報をコンピュータに登録するシステム。営業が受注した注文をキーボードで入力する方法、携帯情報端末を利用するEOS、注文を認識装置のOMR、OCRで読み取る方法、などがある。
OCR(Optical Character Reader)
おーしーあーる/オプティカルキャラクターリーダ)
光学文字読取装置といい、手書き文字や印字された文字をスキャナで読取、前もって記録された文字パターンと照合することにより、文字データを特定し、コンピュータで編集が可能なデータに変換するソフト又は装置のこと。
オリコン
おりこん
折りたたみコンテナの略称

ページの先頭へもどる

ページの先頭へもどる