[物流用語集]専門的な物流用語を徹底解説

ら

ランニングストック
らんにんぐすとっく
企業が最適な規模で生産・営業を続ける為に必要な在庫のこと。
ラッピングコーディネーター
らっぴんぐこーでぃねーたー
お客様のご要望に応じて包装資材やリボン・シールを使い、包み方・デコレーションなどを工夫して、効果的な包装を演出する人。 技能者。
ラック
らっく
保管棚

ページの先頭へもどる

り

リードタイム
りーどたいむ
各作業単位での作業日数・時間のこと。 物流ではリードタイムの短縮は非常に重要な項目である。
リフト
りふと
フォークリフトの略称。主にパレットを使用した商品の運搬に使われる特殊自動車で、電気を使用したバッテリー車が大半である。
リリアン
りりあん
お祝いの包装に使用される紅白の紐のこと。
リアル店舗
りあるてんぽ
⇔ECショップ。実際に商品を対面販売している店舗・ショップ。
リソース
りそーす
供給源・資源・財源などのこと。コンピューターが稼働するために必要な、ハードウエア・ソフトウエアの環境のこと。

ページの先頭へもどる

る

-
-
-

ページの先頭へもどる

れ

レイアウト
れいあうと
配置。配列。割付のこと。

ページの先頭へもどる

ろ

ロジスティクス
ろじすてぃくす
本来は戦争用語であり、現在では顧客の要求を満たす為に生産から消費までの効率的な物の流れと保管、サービスなどを企業が合理化する為の手段のことである。
ロケーション
ろけーしょん
在庫センター内での各商品が保管されている場所のこと。基本的には1商品につき1ロケーションが割り当てられており、それを基にピッキングなどを行う。
ロビネス
ろびねす
仕入伝票の電子化サービスのこと。メーカー・納品代行業者・小売にインターネットを通じて共通の取引環境を提供することにより、伝票を電子化してEDI(電子データ交換)による受発注ができるサービス。
ロイヤル顧客
ろいやるこきゃく
物やサービスを買ったり買い換えるときに、常に同じブランドを選ぶ消費者のこと。製品の価格にあまり敏感では無く、そのブランドの商品に満足し、好意を持っている顧客。
ロット
ろっと
貨物の処理単位

ページの先頭へもどる

ページの先頭へもどる