[物流用語集]専門的な物流用語を徹底解説

さ

再送
さいそう
何らかの都合により、配達所や仕分センターから一旦、売場や作業場に戻された商品を再び発送すること。
3PL(third-party logistics)
サード・パーティ・ロジスティクス
単純な配送だけの請負ではなく、注文の受付や在庫の管理、出荷、配送といった企業の物流機能全般を一括して請け負うアウトソーシングサービスのこと。
先入れ先出し
さきいれさきだし
発行日が前の伝票や、納品日が前の商品から先に発送作業を行うこと。
作業動線
さぎょうどうせん
業務や作業を行う際に、人や商品が動いていく道筋、時間。
サジェステッド・オーダリングシステム
さじぇすってど・おーだりんぐしすてむ
総合的品質管理
3温度帯
さんおんどたい
配送及び保管時の温度をさす。冷凍・冷蔵・常温の3種類

ページの先頭へもどる

し

CSR(Corporate Social Responsibility)
コーポレートソーシャルレスポンスビリティ
企業の社会的責任のことであり、企業は利益の追求のみだけでなく、企業活動が与える影響を自覚し、社会や地域の要請に応え、自主的に社会貢献や情報公開などの意思決定を行うこと。(日本では主に利益を伴わない慈善活動)
CS(Customer Satisfaction)
しーえす/カスタマー・サティスファクション
顧客満足という意味であり、お客さまにいかに満足して貰ったかを計る指標や、またはその指標を向上させるような活動を指す。
集荷
しゅうか
取引先やお客様宅に直接商品を引き取りにいくこと。
指示票
しじひょう
取引先やお客様からの要望/要求など、作業を行う為の指示内容が印字されている用紙
自社納品
じしゃのうひん
取引先が、他業者を介さず直接店舗などへ納品を行うこと。
JFR
ジェイエフアール
大丸と松坂屋が経営統合し誕生した共同持ち株会社の「J.フロントリテイリング株式会社」の略称。
ジョブローテーション
じょぶろーてーしょん
計画的な人事異動・部内異動・配置換えのこと。 定期的に仕事を変え、さまざまな職務を経験させることで社員の職能を高め、企業として将来必要な人材、各種の専門家・技術者の育成を図る制度。
Gマーク
じーまーく
社団法人全日本トラック協会がトラック運送事業者の交通安全対策などへの事業所単位での取り組みを評価し、一定の基準をクリアした事業所を認定する制度。事業者の安全性を正当に評価し、認定し、公表する制度です。
JANコード
じゃんこーど
JIS規格化された日本の共通商品バーコード

ページの先頭へもどる

す

スペック
すぺっく
機械や設備の構造や性能を表示したもの。仕様書。

ページの先頭へもどる

せ

セットアップ
せっとあっぷ
商品を組合せること。 据えること。組み立てること。 /コンピューターで、ソフトウエアやハードウエアなどを導入し使用可能な状態にすること。≒インストール
Zラック
ぜっとらっく
什器の種類。衣類をハンガーに吊り下げた状態で移動できる機器。

ページの先頭へもどる

そ

送票(送達票)
そうひょう
商品をお届けする為の配達伝票のこと。

ページの先頭へもどる

ページの先頭へもどる