[先輩社員紹介 Vol.02]工夫やアイデアが、利益や評価に直結している

商品券作業場というのは、お客様が購入された商品券へご要望に応じたギフト包装を行い、発送する部署です。ここで私は、作業計画を作成し、進捗管理や作業スタッフのサポートを行っています。

最初のころは業務の流れも計画の立て方もわからず、先輩たちにフォローしてもらいながらなんとか仕事を覚えていきました。でもそうするうちに、自分が考えた作業工程の見直しによって利益が出せることを実感できるようになったんです。上司もそれをしっかりと見ていてくれて、評価してくれました。
自分の頑張りが会社と自分自身の成長につながっていることを、しっかりと感じながら働くことのできる仕事なんです。

女性が働きやすい職場を作っていきたい

JPロジサービスは、女性が結婚や出産をした後も働き続けられるように、様々な支援制度を整えています。私の目標は、これをさらに充実したものにして、今以上に女性が働きやすい会社にすることです。

まずは現在の支援制度を利用している先輩方にヒアリングを行って、制度の見直しや男性社員も含めた意識改善などに取り組んでいきたいですね。
この会社はいろんなことにチャレンジさせてくれる会社です。

物流という会社の主要業務である分野でのチャレンジはもちろんですが、私のように、社員のバックアップなど、「いい会社にしていこう」という思いに基づいたチャレンジなら、みんなが優しくサポートしてくれるんですよ。

エントリーをお考えのみなさんへのメッセージ

やる気があれば、いくらでも成長できる環境です!

学生時代にどれだけ「物流」という仕事について理解できるかというと、ほんの一部でしかないと思います。私もそうでした。
でも、仕事は入社してから覚えれば大丈夫。大切なのは、「仕事を覚えて成長していきたい」「会社や世の中に貢献していきたい」というやる気です。

私の場合は、周囲で起こっていることを常に自分のこととしてとらえるように意識しています。
トラブルや対応が難しい案件などが起こったときは、「自分ならどうする?」「自分が行動を変えていれば問題は防げたのでは?」と考えるようにしているんです。そうすることで、仕事を覚えるスピードも速くなりますし、周囲からの信頼も得られると考えています。

百貨店物流事業本部 関西事業部 松本 祥枝

ある一日のタイムスケジュール

  • 7:00 起床。朝は音楽を聴いてやる気を出す。
  • 8:00 通勤。
    電車の中で最近始めた通信教育の勉強。
  • 9:00 出社。
    当日の作業スケジュールの確認。
  • 10:00 パート朝会や、作業のサポートを行う(問い合わせ、作業指示など)
  • 12:00 昼食。
    パートさんと雑談しながらコミュニケーションをとる。
  • 13:00 上司に本日作業の進捗報告。
  • 16:00 1日の業務の締め作業を行う(売上入力、備品補充)
  • 18:00 翌日の作業準備を行い、退社。
  • 19:00 最近通い始めたフィットネスへ。
  • 20:00 夕食。
  • 21:00 フリータイム。
    テレビを観たり、電話したりリラックスタイム。
  • 23:00 お風呂に入り、就寝。

その他の先輩社員紹介

  • Vol.01 ロジスティクス事業本部 システム開発部 加地 祐規(かじ ゆうき)
  • Vol.02 百貨店物流事業本部 関西事業部 松本 祥枝(まつもと さちえ)
  • Vol.03 ロジスティクス事業本部 関西営業部 田代 公平(たしろ こうへい)

ページの先頭へもどる