日本郵政グループとしての信頼性

ロジスティクスにおけるトータルサービスをご提供します。

弊社は昭和43年10月の会社設立以来、株式会社大丸グループ(現株式会社大丸松坂屋百貨店)の物流専業会社として物流業に従事してまいりましたが、平成17年10月、日本郵政公社(現日本郵便株式会社)からの出資を受け、株式会社JPロジサービスとして新たにスタートしました。百貨店物流業務に加え、ロジスティクスにおけるトータルサービスを提供しています。

すべてのお客様にご満足いただけるサービスを。

従来の百貨店物流業務に携わってきた信用の蓄積に加え、新たに日本郵政グループの自ら設定する高い規律のCSR(Corporate Social Responsibility)に基づいて事業を推進することにより、企業の持続的な成長を図るとともに、社会的責任を果たしていこうとしています。

特に日本郵政グループのCSRを目標として、弊社のCSRの取り組みとしての個人情報保護制度を確立させるために「プライバシーマーク」を取得(平成19年6月)、環境保全活動推進のための天然ガスを動力源とするトラックの購入、物流センター周辺の美化活動の推進等に取り組んでいます。

また、弊社全事業所の業務品質、業務手順、労働環境、清潔度等について日本郵便株式会社の定期的かつ厳格な「内部監査」を受けることにより、顧客満足度の向上につながる物流サービスを産み出す業務運営の環境も整備されています。日本郵政グループの一員として揺るぎない信頼のもと、物流サービスを通じて、すべてのお客様に安心・満足・喜びを提供していきます。

ページの先頭へもどる